滋賀県合気道連盟加盟 近江合気会 近江合気館

-

近江合気会略史

平成17年1月 合気道愛好者3名で「近江合気会」を設立。
(会長:金子均現館長)
2月 24日、合気道専用道場「近江合気館」竣工。
(僅か12坪の小道場なれど、気持ちは広く。近江八幡市金子宅庭地内也。)
25日、滋賀医大合気道部の諸君10数名と共に初稽古を行う。
(「畳青くして匂い新鮮、志し広くまた深し。合気道とは何ぞや。また、和と愛の武道とは?!」館長は、昭和56年滋賀医大合気道部を創部、OB指導期間24年を経て、平成17年春から医大合気道部師範に就任。)
3月4月 京都府合気道連盟および大阪合気会に加盟する。
(近江合気館館長は、初代大阪合気会会長田中万川師範、初代京都府合気道連盟会長広瀬二郎師範に師事した。その「よしみ」に縁る。)
5月 吉日「近江合気館道場」開講。数名が訪れ始まる。
(やがて人数が増えて、3道場になったことで、平成23年「近江合気館本道場」と改称。)
平成18年10月 「近江合気館サンビレッジ道場」開設。
(会員増加し、広い公共施設を求む。平成24年1月より小泉嘉教元東北学生合気道連盟委員長が新道場長に。)
平成20年春 京都3道場と共に東京本部の指導傘下に(9月正式登録)。
(京都道場、精気館道場、井後道場と共に、京都府合気道連盟及び大阪合気会を退会し、元東京本部道場師範・現相生会師範の堀井悦二先生を指導顧問に招く・・・親睦団体「京都近江合気会」)
平成21年4月 大津市瀬田中学武道場に「近江合気館瀬田道場」開設。
8月 元中学教育者の平野誠氏が新道場長に就任。地域に調和して生きる武道教育を。
(医大合気道師範兼務。故田中万川師範・故広瀬二郎師範に師事。)
平成22年9月 滋賀県合気道連盟設立と同時に加盟。発展を祈念。
(副理事長に金子、監事に平野、また24年5月理事に小泉就任す。)
平成24年4月 近江合気館本道場、公益財団法人合気会の公認道場に。
(会員数3道場100人に。「合気道探究」1月号にも道場紹介される。)
平成25年4月 近江合気館瀬田道場、公益財団法人合気会「公認道場」の認可を受ける。
(会員数は、設立4年で約50名に。支援の方々に深く感謝いたします。)
平成25年5月 金子館長が滋賀県合気道連盟の理事長に、平野瀬田道場長が同副理事長に、また小泉サンビレッジ道場長が理事(広報企画担当部長)に就任しました。(任期2年、平野は2期)
(小泉氏は転勤により26年5月退任)(金子は27年5月勇退)
(滋賀県の合気道普及のため尽力結束に努めたいと決意。)
近江合気館安土道場開設。
平成25年10月 開祖顕彰植芝守央道主特別研修会(綾部市)が開催され、近畿府県連盟代表者演武に館長出演
(近江合気会師範、滋賀県代表として)
平成26年3月 近江八幡市立安土中学武道場に「近江合気館安土道場を開設。
平成26年6月 近江合気館道場系で「近江八幡市合気道協会」を設立。
翌27年4月、「近江八幡市体育協会」入会。
近江八幡市体育協会の要請で11月~3月「市民合気道教室」(安土中学武道場)を実施。
平成27年2月 「第2回滋賀県合気道大会」が、滋賀県合気道連盟主催、近江八幡市合気道協会(近江合気館)主管で、近江八幡市立安土中学武道場にて22日に開催。
本部より特別講師を招き「大澤勇人師範講習会」として実施。
(後援に、公益財団法人合気会、全日本合気道連盟、滋賀県武道会、近江八幡市教育委員会、近江八幡市体育協会。)
平成27年5月 「市民合気道教室」(第2回)実施(~7月)
平成27年8月 合気道和心会(野村和夫師範)の招請あり、大阪城公園内修道館で「第3回和心会演武大会」に出演す
(師範演武および一般演武)。

近江合気館

2012- Ohmi Aikikan all rights reserved.